このページは、病気の事・予防医学など、動物達に関する事について、
飼い主の皆様にぜひとも覚えておいていただきたい「大切なおはなし」を、いつでもご覧いただけるようにアーカイブ形式にしています。

「あれはどういうことだったかな?」「あの病気ってどういう症状だったかな?」
「フィラリアっていつからお薬を始めるのかな?」「こういう時、どうしたらよいの?」
など、疑問に思った時にいつでもここを開いてご覧ください。

動脈管開存症について

【動脈管開存症とは】
動脈管とは、肺動脈と大動脈をつなぐ血管のことです。正常な犬猫では、出生後、何日間かで動脈管は閉鎖して退縮していきます。動脈管開存症とは、この動脈管が閉鎖せずに残っている病気です。

【動脈管の役割】

犬猫の赤ちゃんは、母親のお腹の中にいる間は呼吸をしません。代わりに、母親が呼吸して取り込んだ酸素を、胎盤を介して血液に取り込みます。従って、生まれるまでは血液を肺に流す必要がありません。そのため、心臓から肺動脈に流れた血液を大動脈に引き込むシステムとして、『動脈管』という血管がどの子にも存在しています(人間の胎児にもあります)。(イラスト@ 胎子のとき)

赤ちゃんは、生まれた直後から、肺を使って自分で酸素交換、すなわち呼吸をしなければなりません。通常は、自分で呼吸し始めると同時に、動脈管はすぐに閉鎖していきます。


【病態】

生まれた後であるのに動脈管が開いたままの状態が、動脈管開存症という病気です。動脈管が開いたままだと、何か不都合なことがあるのでしょうか?実は、それはやがて大問題となるのです。

生まれる前は、肺動脈の血圧が大動脈の血圧よりも高いために、動脈管内の血液は『肺動脈から大動脈』へ流れます。生まれて呼吸が始まると、肺動脈の血圧は一気に低下し、大動脈の血圧よりも低くなります。すると、動脈管内の血液は『大動脈から肺動脈』へと流れる方向が逆になります。大動脈の血圧は非常に高いので、どうしても大動脈の血液の『一部』は動脈管を通って、肺動脈に流れ込みます。(イラストA 生後、動脈管が閉鎖しなかったとき)そうなると、必要量以上の血液が肺へ、そして肺静脈を通って左心房、左心室へ流入します。その結果、肺や心臓(特に左心房・左心室)に大きな負担がかかってしまい、次第に肺や心筋組織のダメージが蓄積していきます。


【病気が進行すると】

肺や心臓に負担がかかっていても、最初のうちは肺や心臓は頑張ります。しかし、最終的には組織のダメージが大きすぎて、頑張れなくなります。すなわち、心臓がうまく血液を送り出せない状態(心不全)となり、肺に水が溜まる(肺水腫)、呼吸が苦しい(呼吸困難)、身体を動かすと息切れがする(運動不耐性)などが生じます。

あるいは、肺組織のダメージは最終的に、『肺高血圧症』という病態となります。肺高血圧症になると、肺に血液が流れにくくなくなり、動脈管内の血液は再び、『肺動脈から大動脈』へ流れることになります。(イラストB  Aの状態が長期続くと、再び血流は肺動脈から大動脈に方向を変える)そうなれば、体内の大部分の血液は肺を通過しなくなり、血液中の酸素は常に不足している状態となります。この酸素不足は、全身臓器に多大な悪影響を及ぼします。


【診断】
一般身体検査、血液検査、レントゲン検査、心臓の超音波検査、CT検査などを用いて動脈管が存在することを確認します。聴診では『連続性雑音』と呼ばれる特徴的な雑音が聴こえます。


【治療】
動脈管を閉じることが完治につながります。すなわち、外科的に動脈管を閉鎖させることです。
動脈管開存症は、「今は元気だから…」と言って手術を遅らせると、病気がどんどん進行してしまいます。肺高血圧症という病態になれば、もはや手術で完治させることは出来ません。早期に発見して早期に手術をすれば、その後はこの疾患の無い犬猫と同様に、寿命をまっとうする事が出来るようになります。



※ブログにも、動脈管開存症と診断されて手術をしたトイ・プードルの症例をご紹介しています。

ブログ『動脈管開存症の手術』

文責:田辺獣医科病院


▲ページトップに戻る